【KDDIに新卒で入るには?】就職難易度や採用大学を解説!

【KDDIに新卒で入るには?】就職難易度や採用大学を解説! その他企業

* 本ページはプロモーションを含みます

 

TechCat
TechCat

KDDIに就職したい!

けど、就職難易度や採用大学が気になる、、

TechDog
TechDog

今回はKDDIを就職難易度採用大学など様々な角度から解説するよ!

TechCat
TechCat

オススメ無料就活サービスWeb系企業に入るための方法もまとめているので見てみてね!

 

【IT業界志望者必見!】オススメの無料就活サービス4選
「就活サービスって使うべき?」「どの就活サービスがオススメ?」と気になっている方必見!本記事ではまとめて使えるオススメの無料就活サービスを4つ紹介しています。難関企業から複数内定をもらった私が実際に感じていたオススメの理由も併せて解説しています。
新卒でWeb系企業に入るために必要な情報すべて解説してみた!
【Tech就活ドットコム】では、Web系企業の職種別の仕事内容、企業ごとの採用人数、やっておくべきことなどについて解説しています。あわせて年収、向いている人などWeb系企業の選考を受ける際に参考となる情報を解説しています。
こんな人に役立つ記事
  • KDDIに就職したいけど、自分の学歴に自信がない人
  • KDDIの就職難易度が知りたい人
  • KDDIの選考フロー、年収、働き方など様々なことを知りたい人

上記に当てはまる就活生は、ぜひこの記事を読んで就職活動に役立ててください!

会社概要

社名 KDDI株式会社
(英: KDDI CORPORATION)
設立 1984年 (昭和59年) 6月1日
資本金 141,852百万円
代表取締役 髙橋 誠
従業員数 48,829名 (連結ベース)
本社所在地 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号
ガーデンエアタワー
勤務地 全国各事業所

事業内容

KDDIでは「パーソナル」と「ビジネス」の2つのセグメントで事業展開をしています。

セグメント 事業内容
パーソナル 携帯電話事業:auブランドで携帯電話サービスを提供しています。スマートフォンやタブレット端末などの端末販売や、音楽や動画、書籍などのコンテンツ配信も行っています。

インターネットサービス事業:固定ブロードバンド回線サービス、モバイルWi-Fiルーターサービスなどを提供しています。

スマートライフ事業:スマートホームやIoTなどを活用したサービスを提供しています。スマートロックやカメラ、照明などを組み合わせたスマートホームシステムの提供や、防犯カメラサービス、遠隔監視サービスなどを展開しています。

ビジネス テレコムカリアゲ:通信インフラ事業を展開しています。ネットワーク機器の販売や設計、構築、保守などを行っています。

KDDIウェブコミュニケーションズ:インターネット接続事業、クラウドサービス事業、アプリケーション開発事業などを展開しています。

ソリューション事業:ビジネス向けにITソリューションを提供しています。システム開発、ERPパッケージ導入、クラウドソリューションなどを提供しています。

KDDIは、パーソナルセグメントでは携帯電話サービスを中心に、インターネットサービスやスマートライフサービスなどを提供しています。

一方、ビジネスセグメントでは通信インフラ事業、クラウドサービス、ITソリューションなどを提供して、企業向けのサポートを行っています。

TechCat
TechCat

Pontaポイントはパーソナルセグメントの一つなんだ!

KDDIの就職難易度

KDDIの就職難易度はどれぐらいなのでしょうか?

就職人気ランキング、採用大学、倍率などからみていきましょう!

KDDIの就職人気ランキング

以下、「みん就」が公表した23卒新卒就職人気企業ランキングの結果です

出典:みん就

日経新聞によると、日本の企業数は2021年度時点で367万社あるとされています。

その中で65の人気を誇ることはすごいですよね!

以下、通信/ネットワーク業界に絞ったランキング結果です。

出典:みん就

通信/ネットワーク業界に絞ったランキングでは以下の通り2位でした。

総務省統計局によると、平成28年度時点でのIT企業の数は約43,000社という調査結果が出ていました。

現在でも同程度の数のIT企業が日本にあると考えるとKDDIの人気は非常に高いと言えますね!

TechCat
TechCat

何人ぐらい応募するのか気になるよね!

新卒採用人数 

KDDIでは、OPENコースとWILLコースの2種類のコースで新卒採用を行なっています。

OPENコースとは、初期配属が確約していない、一般的な総合職として入社するコースです。

・ WILLコースとは、自分のこれまでの経験やスキルを活かせるフィールドに初期配属確約で入社できるコースです。WILLコースを選択した場合はOPENコースとの併願が可能です。

OPENコース

応募コース 応募要件
技術系 技術系部門(ネットワークインフラ、ソリューションエンジニア、その他の企画・開発・保守・運用等)で経験を積みたい人
業務系 業務系部門(コンシューマ営業、法人営業、カスタマーサービス、企画・マーケティング、管理等)で経験を積みたい人

WILLコース

TechDog
TechDog

応募できる職種と、初期配属時の業務を紹介するよ!

職種 仕事内容
ネットワークインフラエンジニア 技術企画・技術開発、支援システム開発、エンジニアリング、R&D
ソリューションエンジニア 法人顧客向けソリューションエンジニア(SE)
ITエンジニア:アプリケーションエンジニア アプリケーションエンジニア、ソフトウェアエンジニア、プログラミング(アジャイル開発)、サーバ・アプリケーションの保守。運用、R&D
ITエンジニア:プロダクトマネジメント システム企画・要件定義、プロジェクトマネジメント、クラウド基盤構築、サーバー・アプリケーションの保守・運用
UXデザイン UXデザイナー
セキュリティ セキュリティエンジニア、セキュリティデザイナー、R&D
データサイエンス データコンサルタント、データサイエンティスト(ビジネス・エンジニア)、データアーキテクト、R&D
ファシリティ 電力系ファシリティエンジニア、建築系ファシリティエンジニア
リーガル&ライセンス 法務・知的財産
アカウンティング&ファイナンス 財務、経理、税務、管理会計、経理シェアードサービス、デジタル化推進
ビジネスインキュベーション オープンイノベーション(スタートアップ投資/アライアンス)を通じた新規事業・サービスの企画推進
アカウントコンサル(法人営業) 法人営業
パートナーコンサル(コンシューマ営業) お客様に対してau/UQのサービス・ライフデザイン商材の販売、代理店に対するコンサルティング営業
カスタマーサービス カスタマーサービス、ビリングサービス(コンシューマ向け商材に対するお問合せに対応するコンタクトセンターの運営)

出典:KDDI

TechDog
TechDog

新卒採用職種は理解できたかな?次は採用人数を解説するよ!

年度 採用人数
2023 300名程度
2022 254名
2021 266名
2020 273名
出典:KDDI

この表からKDDIでは毎年約250〜300名程度が新卒採用されるとわかります。

採用人数内訳

TechCat
TechCat

文系理系それぞれ何名ずつ採用されてるのか気になるな!

年度 文系 理系
2020 150名 133名
2019 144名 146名
2018 133名 162名

出典:キャリアナビ

文系理系の採用比率はおおよそ1:1となっています。

また、KDDIでは文系の採用比率が徐々に高まっていることがわかります。

新卒採用倍率

結論、KDDIの新卒採用倍率は40〜50倍程度と推定することができます。

TechDog
TechDog

私が推定したプロセスを紹介するよ!

出典:リクナビ

リクナビのサービスの中でプレエントリーした人は合計で9279名とされています。

就活大手企業のマイナビでも同様の人数がプレエントリーしていると考えると、おおよそ18000人程度がエントリーしていると考えられます。

それに対して、採用人数が300人程度だとすると18000÷300=60となります。

ただし、内定辞退を想定して採用人数は多めに採用しているはずなので、実際の倍率は40〜50倍程度といったところでしょうか。

KDDIの採用大学

TechCat
TechCat

自分の大学のOB・OGがいるのか気になるな

TechDog
TechDog

KDDIに就職するためにはどのくらいの学歴が必要か気になるよね!

採用大学一覧を紹介するよ!

採用大学一覧
早稲田大学、慶應義塾大学、京都大学、東京大学、一橋大学、法政大学、上智大学、東京理科大学、東京工業大学、立教大学、国際基督教大学、横浜国立大学、大阪大学、神戸大学、同志社大学、北海道大学、筑波大学、立命館大学、青山学院大学、創価大学、日本大学、名古屋大学、東京都立大学、岡山大学、中央大学、芝浦工業大学、東京電機大学、東北大学、津田塾大学、その他多数

出典:外資就活

採用大学ランキング

2022年と2021年の採用大学のデータを紹介します。

TechDog
TechDog

まずは2022年だ!

順位 大学名 人数
1位 早稲田大学 34名
2位 上智大学 20名
3位 慶應義塾大学 17名
4位 横浜国立大学 14名
5位 京都大学・明治大学 12名
7位 北海道大学 10名
8位 電気通信大学・法政大学 9名
10位 筑波大学 8名
TechCat
TechCat

次は2021年だよ!

順位 大学名 人数
1位 早稲田大学 27名
2位 慶應義塾大学 26名
3位 京都大学 14名
4位 上智大学 13名
5位 一橋大学・横浜国立大学 12名
6位 電気通信大学・神戸大学 11名
7位 青山学院大学・明治大学 10名

出典:DIAMOND online

2022年の採用人数の合計は254名だと紹介しました。

それに対して、2022年の採用大学TOP10の合計人数は145名でした。

このことから、KDDIの内定者の半数以上はMARCH・関関同立ランク以上であるとわかります。

学歴フィルターは存在するのか?

結論、学歴フィルターはないと言えます。

その理由として、リクナビが公表しているKDDIの入社実績校の数字が挙げられます。

  • 2018年4月入社実績 72校
  • 2019年4月入社実績 62校
  • 2020年4月入社実績 67校

旧帝大・早慶・MARCHなどの難関校を合わせても上記の入社実績数にならないので、それ以外の大学からも内定者が出ていることが推測されます。

このことから、KDDIには学歴フィルターは存在しないと言えます。

ただし、KDDIは人気企業であるため学歴フィルターがないからといって簡単には内定を獲得できません。

選考対策の中で詳しく紹介しますが以下の就活サービスなどを活用し、徹底的な情報収集やES・面接対策を行うことで周りの人よりも一歩リードした就活をできるように意識しましょう!

TechCat
TechCat

就活サービスを利用した方が効率的に就活を進められよ!

無料のオススメサービスを紹介してるからとりあえず試してみよう!

結論:就職難易度はやや高い

ここまで人気ランキング、採用人数、倍率、採用大学、学歴フィルターなど様々な側面からKDDIの新卒採用について解説してきました。

選考情報まとめ
  • 就職人気ランキング62位(業界別では2位)
  • 採用人数は250〜300名
  • 採用倍率は40〜50倍程度
  • 採用大学の上位は早慶
  • 学歴フィルターはない

これらをまとめると、KDDIの就職難易度はやや高いといえるでしょう。

KDDIの選考対策

選考対策
【IT業界志望者必見!】オススメの無料就活サービス4選
「就活サービスって使うべき?」「どの就活サービスがオススメ?」と気になっている方必見!本記事ではまとめて使えるオススメの無料就活サービスを4つ紹介しています。難関企業から複数内定をもらった私が実際に感じていたオススメの理由も併せて解説しています。

① レバテックルーキーで無料相談してみよう!

レバテックルーキー

レバテックルーキーは新卒でITエンジニアになりたい学生の就職活動をサポートする、 ITエンジニア専門の就職エージェントです。ITエンジニアになりたいけど、就活の進め方がわからない」・「自分のスキルがどの程度通用するのかを知りたい」・「研究や開発で忙しくて、就活に時間を割けない」人にオススメです!

完全無料でエンジニア業界に精通したプロのアドバイザーがカウンセリングをしてくれます。

TechCat
TechCat

レバテックルーキーを上手く活用して就活を有利に進めよう!

\ 登録〜内定まで完全無料 /

② unistyleでES対策を完璧にしよう!

unistyleは本選考・インターン選考のエントリーシート(ES)・面接・グループディスカッション(GD)・WEBテスト対策などのあらゆる就活対策を網羅した就活支援サイトです。

TechCat
TechCat

過去の先輩の経験を有効活用しよう!

理由① 超有名企業を含めたあらゆる企業のESが7万件無料で見放題!
理由② 過去にESで出題されたお題が見放題!
理由③ ESだけでなく、GDやWEBテスト対策などの情報も盛り沢山!

③ Offer Boxを使ってみよう!

就活生の3人に1人が登録してる<5年連続>学生利用率No.1のOfferBoxに登録しておこう!

OfferBoxを使うべき理由をまとめてみました!!

理由① 大手企業から官公庁までの13,000社以上が利用している
理由② 企業が一斉配信できない仕組みだから、欲しい学生を見定めた質の高いオファーをもらえる
理由③ 自己分析機能で自分の強み能力を素早く正確に把握できる
TechCat
TechCat

オファーをもらって有利に選考を進めよう!

④ 外資就活ドットコムを使ってみよう!

外資系・日系TOP企業を目指す人は外資就活で質の高い情報を収集をしよう!

外資就活ドットコムを活用する理由をまとめてみました!

理由① Google、Amazon、トヨタ自動車、富士フィルムなど TOP企業の選考体験記を無料で読める
理由② 内定者やOBとチャットができる「コミュニティ」で悩みを解消できる!
理由③ 説明会やセミナー、選考情報が日々更新されるから情報収集に役立つ!
TechCat
TechCat

25卒限定でアプリダウンロード&初回ログインをするだけでAmazonギフト券2000円をGETできるキャンペーンを実施中だよ!

⑤ レバテックカレッジを使ってみよう!

格安で質の高いプログラミングスクールでスキルアップし、就活を有利に進めよう!

レバテックカレッジを活用する理由をまとめてみました!

理由① 何十万もするプログラミングスクールがある中で10万円以内で学べる
理由② Web系業界に必須のPHPを徹底的に学べる(他の言語も学べます)
理由③ プログラミング学習だけでなく、IT業界に特化した就活支援も受けれる
TechCat
TechCat

これからプログラミングを学びたい方、ある程度スキルがある人の両方が対象だよ!

無料で利用できるわけではないので、以下の記事を読んでから登録することをオススメします!

【レバテックカレッジの評判は最悪?】料金、サービス内容、口コミを徹底解説!
【Tech就活ドットコム】では、レバテックカレッジのサービス内容、料金、サービスの登録方法などを紹介しています。サービスの特徴からデメリットまでと非常に詳しく紹介しているため、レバテックカレッジが気になる人は必見です。

⑥ Top企業に内定するための対策は万全ですか?

選抜コミュニティに入っていますか?

選抜コミュニティを知っていますか?

選抜コミュニティとは外資・日系のトップ企業への内定を目指す学生が集まるコミュニティです。

GDや面接などを通過することができれば、無料でコミュニティに参加することができます。

メンバーの募集時期が早いため、2年生・3年生の時期から募集を探し、選考対策をする必要があります。

LinkedInに登録していますか?

LinkedInを知っていますか?

本社が米国にあるLinkedIn社が提供しているビジネス向けSNSサービスです。

外資系企業を中心とした有名企業が求人を出しています。

クローズドなイベントへ招待されたりすることもあるそうです。

また、社員訪問を目的に使用することも良いかもしれません。

KDDIの年収

TechDog
TechDog

平均年収初任給職種別年収をそれぞれ解説していくよ!

平均年収

openworkによると、KDDIの平均年収は689万円でした。

大手転職サイト「doda」の平均年収ランキングによると、IT /通信業界の平均年収は433万円でした。

業界平均と比較すると、KDDIの方が256万円高いことがわかります。

ちなみに日本全体の平均年収は国税庁によると461万円とされています。

初任給

初任給に関しては全ての全ての学歴・職種で共通です。

条件 月給
新卒全員 270,000円~

※高度なスキル・専門性を有し、入社後の業務にて発揮が期待される場合は個別に設定されます。

厚生労働省によると、大学卒の初任給は22万6000円とされているので、平均よりかなり多めの額をもらえることがわかります。

職種別平均年収

職種 平均年収
営業 579万円(350~1,200万円)
企画 826万円(400~1,500万円)
エンジニア・SE 691万円(320~1,300万円)
技術 698万円(300~1,300万円)
管理 826万円(500~1,400万円)

出典:openwork 

福利厚生

KDDIの福利厚生には以下のようなものが用意されています。

  • 各種社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)
  • 各種財形貯蓄制度
  • 社員持株会
  • KDDIグループ共済会(相互援助給付、生活支援制度、団体保険、団体扱い生命保険、各スポーツクラブ、ゴルフ場、百貨店優待、テーマパーク・リゾート施設利用割引など)
  • 定型住宅ローン
  • 社宅
  • 保養施設

出典:KDDI

TechCat
TechCat

福利厚生が整っていることがわかるね!

家賃補助

誰もが気になる家賃補助はあるのでしょうか?

結論、家賃補助はありません。

KDDIでは元々家賃補助があったそうですが、新しい人事制度の導入により廃止されてしまいました。

しかし、給料水準を上げることで、これまでの家賃補助を含んだ金額に変わっているそうなので、実質家賃補助がある状態だと言えます。

TechCat
TechCat

初任給が高いのは家賃補助が含まれてたからなんだ!

よくある質問

TechDog
TechDog

KDDIに関するよくある質問に回答していくよ!

KDDIに関するよくある質問
  • よくある質問①:KDDIの働き方は激務か?
  • よくある質問②:KDDIの離職率は?
  • よくある質問③:新卒の選考フローはどうなってる?

質問①:KDDIの働き方は激務か?

KDDIで働きたいけど、働き方ってどうなの?と気になる方は多いでしょう。

実際の働き方は激務なのでしょうか?

残業時間、労働環境やワークライフバランスについて社員の声を聞いてみましょう!

残業時間

出典:openwork

この図を見ると、KDDIの残業時間は27.2時間となっています。大手転職サイト「doda」が2021年にビジネスパーソン15000人に残業時間調査を行った結果1ヶ月平均20.8時間という調査結果がでています。この結果と比較すると残業時間は若干多いといえます。

TechCat
TechCat

27.2時間は毎日1時間20分ぐらい残業するってことだね!

有給取得率は上の図を見ると、66.7%とされています。厚生労働省によると令和2年において日本全体の有給取得率は56.6%とされているので、有給は若干取りやすいといえるでしょう。

社員の声

営業にプライベートはない。休日でも代理店は営業しているため、担当店舗の社員、スタッフからのクレーム対応などの電話がかかってくる。量販店はイベントでの実績が多く、イベント会社との打ち合わせや入店調整なども必要となり、店長の出勤日なども考慮すると休日でも電話対応などせざるを得ない状況が発生する。

残念だが多い部署とそうでない部署があり配属されている部署による。

有給取得は非常に取りやすい。他の同期に聞いてもしっかり取得している印象。

休みの日は休めます。勤務中は休憩=移動時間 昔ながらのパワーを感じる職場です。

残業している人はそれほど多くなかった。

出典:openwork

このような声が多数挙げられていました。このことから、KDDIの働き方をまとめるとすれば、「部署や行っている仕事によっては非常に激務になっている」と言えますね。

 

ここまでKDDIの残業時間、ワークライフバランスに対する社員の声について紹介してきました。

結論、KDDIの働き方は若干激務といえます。

質問②:KDDIの離職率は?

公式HPによると、KDDIの離職率は以下のように示されていました。

年度 離職率
2020 1.16%

厚生労働省によると、日本の企業の平均離職率は8.1%とされているので、KDDIの離職率は非常に低いと言えます。

KDDIでは主にIT・通信業界の中でも上流過程の仕事を行なっていることや、社員の雰囲気が穏やかと言われていることから、離職率が低くなっていると推測できます。

質問③:新卒の選考フローはどうなってる?

KDDIの新卒選考フローはOPENコース・WILLコースで共通です。

ステップ 内容
ステップ1 エントリー(ES・Webテスト)
ステップ2 書類選考
ステップ3 一次面接
ステップ4 二次面接
ステップ5 最終面接
ステップ6 内定

出典:KDDI

KDDIでは、入社までにTOEIC600点を取る必要があります。

選考段階はでTOEICの点数は見られていないそうなので、誰でも選考にチャレンジできるようです。

TechCat
TechCat

TOEICを課すなんて楽天みたいだね!

まとめ

今回は、KDDIの就職難易度や、採用大学、働き方などについて解説してきました。

社風を理解することや、自己分析、KDDIの求める人物像に寄せていくことで、自分の強みを企業にしっかりとアピールできるようにしましょう!

SIer、Web系企業、オススメ就活サービスに興味がある人はこちらも必見です!

新卒でSIerに入るために必要な情報すべて解説してみた!
【Tech就活ドットコム】では、SIerの職種別の仕事内容、種類、求められる力などについて解説しています。あわせて、年収ランキング、分野別の企業紹介などSIerの選考を受ける際に参考となる情報を解説しています。
新卒でWeb系企業に入るために必要な情報すべて解説してみた!
【Tech就活ドットコム】では、Web系企業の職種別の仕事内容、企業ごとの採用人数、やっておくべきことなどについて解説しています。あわせて年収、向いている人などWeb系企業の選考を受ける際に参考となる情報を解説しています。
【IT業界志望者必見!】オススメの無料就活サービス4選
「就活サービスって使うべき?」「どの就活サービスがオススメ?」と気になっている方必見!本記事ではまとめて使えるオススメの無料就活サービスを4つ紹介しています。難関企業から複数内定をもらった私が実際に感じていたオススメの理由も併せて解説しています。
記事の監修者

IT業界・ITエンジニアを目指している人の就活を支援しています。
外資就活ドットコムにて相談員をしています。

DebugHubをフォローする
その他企業就活・転職
Tech就活ドットコム